梅の種類

梅の種類には、関東に多く見られる白加賀を始め、紀州の南高、豊後、曙、養老、古城、長束、藤五郎、甲州最小など様々で、その品種は300種以上と言われます。

気候、風土により、果肉や皮の厚さ酸味などが微妙に異なるのですが、概して温暖地方の梅は皮が薄く、寒冷地方は固めです。また酸味は関西系の梅は強く、関東以北の物は弱めです。

梅の選び方(梅干し編)

梅や赤紫蘇の出回り時期は、地方によって違います。また、その年の気候により出回り時期が大幅に変わる(暖冬で開花の早い年は不作の可能性が大)こともありますので、適宜対処して下さい。

  • 表面に傷がなく、形が丸く整っていて、粒がそろっているもの
  • 皮に傷みや虫食い、黒い斑点などがない。加工時の苦みやにごりの原因になります。
  • 肉が厚く、少し熟して黄色がかって、桃の香りに酸味を含ませたような良いにおいのただようもの。熟しかかったものはあまり日保ちしないので、買ったらすぐに使用してください。すっかり黄色くなり熟しすぎたものは、果肉がやぶけやすいので避けたほうがいいでしょう。
梅仕事.com
梅の民間療法
梅干し
道具について
梅の種類
塩・紫蘇について
白梅干の作り方
紫蘇梅干しの作り方
小梅のカリカリ漬け
梅酢を使った料理
梅酒・梅シロップ
梅知識